新型コロナウイルス感染症による外出制限下での
視覚障害のある子供達の学びを支えるための情報源

公開日:2020年4月15日

更新日:2020年5月9日


ご挨拶

 日本を含め、世界中で新型コロナウイルス感染症の拡大が続いています。新型コロナウイルス感染症の拡大は、私達の日常生活や社会生活を一変させてしまいました。緊急事態宣言が全国に発出され、全国的に外出したり、学校を閉鎖したりしなければならない状況が広がってきました。

 感染が拡大する状況の中、普段、視覚障害のある子供達、盲学校、弱視学級等の教育の現場にお世話になっている研究者として、少しでもお役に立てることが出来ないかと考えてきました。そこで、視覚障害のある子供達や先生達を直接、支援するための活動を行いつつ、視覚障害のある子供達の学びを支えるための情報をまとめることにいたしました。

 どのような状況になっても、視覚障害のある児童生徒が安心して、安全に教育活動を継続できるように支援することが、私達の役割だと思っています。大変な状況ではありますが、感染防止のために外出を自粛しつつも、粛々と教育活動等を展開し、児童生徒の学びを支援したいと思います。関係者が協力して、この難局を乗り越えましょう!


中野 泰志(慶應義塾大学)


大学・研究室からの情報発信



盲学校のGood Practice !(情報募集中



乳幼児関係の情報



高等教育関係の情報



福祉関係の情報



その他の情報



連絡先



アクセスカウンタ(2020年4月15日〜)