The Keio-Kawasaki Aging Study

The Keio-Kawasaki Aging Study

The Keio-Kawasaki Aging Study (通称K2 Study)は、2014(平成26)年度から、神奈川県川崎市で始まった、70歳以上の方を対象にしたパネル調査です。2016(平成28)年度からは、渋谷区でも調査を実施させていただいています。
今後ますます本格化する超高齢社会において、健康寿命を伸ばすこと、そして健康状態にかかわらず、誰もが地域で尊厳と幸福感(well-being)を感じて生活できる社会を創ることを目指します。

お知らせ・ご案内

  • 長寿社会の健康と暮らしに関する調査(東京都渋谷区)が終了いたしました。ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。
    調査期間:2017年2月~3月(完了)
  • 長寿社会の健康と暮らしに関する調査(中原区・新規調査)が終了いたしました。ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。
    調査期間:2017年1月~3月(完了)
  • 第28回日本発達心理学会(2017年3月)において、研究の成果を発表いたしました。